ミクロラスボラ・ハナビの繁殖(3)
そんなこんなで、ようやくやってきた5匹のハナビ。
適当に水合わせして25cmキューブに放してやった。

次の朝、恐る恐る水槽を覗き込むと元気に泳いでるやん。
最後の5匹だったから弱ってるのをひいた可能性もあるんじゃないかと心配したが、意外に丈夫。
早速、人工飼料やったら元気に食っとる食っとる。
ワイルドの個体ということだけど、全然物怖じせず水槽の前面に平気で出てくる。

それから数日、見る間に太って発色が良くなっていった。
体は少しゴールドっぽく、ヒレはまだオレンジまではいかないけど、きれいな山吹色になってきた。
ハナビは食が細いイメージがあったけど、ガツガツとよく食うのだ。

メスがいるかどうかはまだわからないけど、この調子だと意外に早く産卵するかも。
ブラインを湧かせるようになっておいたほうがよさそうだ。

そう、実はいままでブラインというものを扱ったことがない。
なんか面倒くさいという噂だけはよく聞くが、いったいどういうものか全然知らないのだ。

まずはネットでブラインの湧かし方を調べてみた。
なんかペットボトルを水槽に浮かべてブクブクしてるじゃないですか。

これはめんどくさすぎる・・・

他にもいろいろ調べると、簡単なのがあった!
皿式!
これならできるでしょう。

俄然やる気がでてきたので、早速、近所のホームセンターいくと、ありました!
ふ~ん、こんなとこにもブライン売ってるのね。
ブラインってメジャーなものだったのか~!

自転車で30秒のスーパー玉出で荒塩もゲット~

以前クリプト用に買った長さ10cmほどの細長いプラスチックケースに塩水を5mmほど入れて、ブラインをひとつまみほど投入~

塩水は作り置きしたから、この作業なら毎日でも簡単にできそう。

翌日、
おぉ~、ウゴウゴしてる~
これが噂のブラインか~
確かに光にむかって集まっとる。
ほんで、焦げ茶のカスが抜け殻ってわけね。

実際にやってみることで、ネットの知識がようやく経験になることを実感するのだ。
スポイトでハナビ水槽に投入すると、食っとる食っとる。
早くでかくなれよ~
f0036072_19213338.jpg


そんなこんなで1週間、そろそろ1回目の水換えをしようかという日に
よく見るとハナビが1匹弱ってる。

なぜに??

餌の食いすぎか?
金魚では糞詰まりとか聞いたことあるが、この手の熱帯魚でもあるのか?
それとも水が汚れてるのか?

とりあえず水換えして様子見ようと、1/2換水したところ・・・

おぉ~、いきなりお☆さまに~!!!

なんて繊細なんだ~

1/2は、やばいな~
餌のやりすぎもやばいな~
もう少し慎重にしたほうがいいな~

鬱鬱鬱鬱・・・

11日前の10/7のことでした。
[PR]
by mask_inu | 2010-10-19 19:28 | ハナビの繁殖 | Comments(1)
Commented by ネクソダリアン at 2010-10-22 01:19 x
ひゃひゃひゃ
久しぶりに馬鹿なブログ見つけたきに~
ひひひ
あっはっは~
<< ミクロラスボラ・ハナビの繁殖(4) ミクロラスボラ・ハナビの繁殖(2) >>