カテゴリ:ミクロラスボラ・ハナビ( 6 )
ミクロラスボラ・ハナビの繁殖(6)
採卵 第2期(2010.11.7〜)

そもそも第1期・第2期と分けたのは、2〜3週間で産卵がストップして休止期間があると思ってたからです。

ところが昨年の11/7に産卵が再スタートしてからは、延々とつづくつづく…
一向に止まる気配無し。

始めの1ヶ月は3日に1回のペースだったのが、12月からは2日に1回のペース。
環境が変化したときに1日とばすことはあっても3日以上空くことは一度もなし。
こちらもサボることができず、すっかり採卵が習慣となってしまいました。
産んだのをわかっていて、放置するのはちょっとツラいですし。。


第1期の問題点は4つありました。
1. 稚魚用の水槽が不安定であった。
2. カビやすくて半数以上ダメにした。
3. 卵の数が少なく、規則正しくない。
4. ふ化した稚魚が亡くなりやすい。

問題1については、起ち上げて1ヶ月経ってたのでクリア。

問題2のカビに関しては、なぜか自然に解決しました。
親水槽も1ヵ月以上経って謎の微生物がわらわら湧いてましたし、カビとのバランスやらなんやら落ち着いたのかもしれません。

問題3の卵の数は、第2期スタート時にやはり10個以下と少なかったんですが、水槽前面を黒い紙で覆うと安定して産んでくれるようになりました。今は平均20個くらいです。

問題4の稚魚のその後ですが、これは色々問題勃発です。
12月頃からでしょうか、11月に産まれた稚魚が大きくなり、それなりに給餌量が増えた頃から、ふ化したてのお子様が全く育たなくなりました。

フィルターの能力不足とか、、大きい稚魚にいじられてるとか、、、
大きい稚魚が微生物を根こそぎ食ってしまって初期飼料が足りないとか(ブライン以外何もやってない)、、、

なんかよくわからないけど、でかくなったヤツを別の水槽に隔離したら稚魚が増えだしたので原因はそのあたりでしょう。

現在は、第1期に産まれたお子様も産み始めたので更にバタバタです。
生まれて3ヶ月で産み始めるという話はほんとうでした。
[PR]
by mask_inu | 2011-01-19 20:05 | ミクロラスボラ・ハナビ | Comments(2)
ミクロラスボラ・ハナビの繁殖(5)
採卵 第1期(2010.10.10〜10.21)

ほんでもってハナビがやってきてから10日後に採卵用のプラケををセットし、チェックする日々が始まりました。
まだ体も小さいので、しばらく先かなあとノンビリ構えてたらその3日後の10/13には産み始めておっとどっこい。

稚魚を育てる水槽を用意してなかったので、エアーレーションした12センチ角のプラケ(100円ショップのCDケース)に水草を放り込み、とりあえずその場をしのぐ作戦でスタートしました。

初日・・・ 3個(そのうちカビが1個)
2日目 ・・ 1個(そのうちカビが1個)
3日目 ・・ 2個(そのうちカビが1個)
4日目 ・・ 5個
5日目 ・・ 0個

結局、簡易プラケに収容したのが8個。ふ化する前にカビたのが4個。
現在までに生き残ってるのが2匹。

いつまでも簡易ケースでは無理っぽいので、クリプトを入れていたM水槽を1つ空けてセッティングしました。
フィルターは親水槽と同じく隅っこに貼付けるやつです。
産卵ボックスも取付け、稚魚の初期飼料となる微生物がついてることを期待してブリティッシュホーンワートをごっそり放り込みました。

6日目 ・・11個(そのうちカビが7個)
7日目 ・・ 0個
8日目 ・・ 6個(そのうちカビが4個)
9日目 ・・ 6個(そのうちカビが5個)

6日目から9日目までの7個の卵は、こちらに収容したもののこれが大失敗。
原因は不明だけどホーンワートがドロドロ溶け出して水を汚したのか、稚魚はふ化直後に全滅でした。

10/22から産卵が止まってしまったので第1期終了です。
採卵は9日間続きましたが、2日目に親水槽のモスの中から稚魚が一匹飛び出してきたので、実際はもう少し前からはじまっていたようです。

現在、生き残ってるのは3匹。
大失敗でした。

問題点は、
1. 稚魚用の水槽が不安定であった。
2. カビやすくて半数以上ダメにした。
3. 卵の数が少なく、規則正しくない。
4. ふ化した稚魚が亡くなりやすい。

11/7から再び産卵が始まったので、この4点を改善して現在第2期進行中です。
f0036072_2051982.jpg

f0036072_2052798.jpg
f0036072_2053462.jpg

[PR]
by mask_inu | 2010-11-15 20:07 | ミクロラスボラ・ハナビ | Comments(0)
ハナビ(4)
初採卵成功!!
(忙しくて写真ありません)
[PR]
by mask_inu | 2010-10-14 10:53 | ミクロラスボラ・ハナビ | Comments(0)
花火(3)
花火のお子様、健在です。
でも確認できるのは2匹だけ。
やっぱり自然繁殖だと生き残るのむずかしいんでしょうね。

やっぱり繁殖やりたいが、どのくらい手間かかるのか想像つかない。
でもその前にやるべきことがたくさんあって、それらを片付けてからでないと。
できれば年内にスタートさせたいが…
f0036072_21414585.jpg

f0036072_21414139.jpg

f0036072_21405657.jpg

f0036072_21411625.jpg

[PR]
by mask_inu | 2010-09-01 21:42 | ミクロラスボラ・ハナビ | Comments(7)
花火(2)
おっと〜
よく見たら花火の稚魚が泳いでる〜
どうしたらいいんやろ〜
f0036072_11281236.jpg

[PR]
by mask_inu | 2010-08-18 11:29 | ミクロラスボラ・ハナビ | Comments(0)
花火(1)
f0036072_22295210.jpg
f0036072_2230012.jpg
まささんに頂いた花火です!
とにかく、かわいくてかわいくて(笑)
ただ人見知りが激しいので餌をやって、じ〜〜っと待っていないと出てきてくれないんですよね。
少しでも動いたらダメ。ハイグロの茂みに隠れてしまいます。

最近、色が綺麗になってきたなあとは思うんですが状態の良し悪しとかさっぱりわからないんですよね。
微妙に痩せてるようにも見えるんだけどどうなんでしょう??
なんせ、いままで飼ったことある魚はモーリーとサイアミーズとオトシンを除けば片手で足りるくらいですから、餌はどれくらいやったらいいんだろう?みたいなとこからわからない。
そんな無責任な!って叱られそうですね。
盆休みがあれば少しくらいは勉強しなければ。
[PR]
by mask_inu | 2008-07-16 22:35 | ミクロラスボラ・ハナビ | Comments(6)