「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:水草の害虫・病気( 11 )
スリップスパラダイス
久しぶりに時間ができたので、見苦しかったクリプトケースのメンテナンスしました。
一体いつから放置しているのか記憶もさだかではないけれど、意外にしぶとく生き延びておりまする。
完全消滅した鉢は数個しかなく、小指程になってしまった株が3個。
これはコップリウムに格下げしてやりましたが、このコップリウムというのがかなり優秀で根茎のかけらでも90%以上の成功率で回復します。
しかもメンテナンスフリーで数年ほったらかしでも大丈夫。
今回はコップリウムからの復活組が結構ありましたが、ガッツリ育てようとするとスペースを与えるか手間をかけるかしかないのでどうなることやら…

一番難儀なのはスリップスパラダイスと化したホマロメナケース。
こういう迷惑きわまりないものは水攻めで放置することにしましたが、なんとかなるのでしょうか。
f0036072_16274390.jpg

[PR]
by mask_inu | 2012-11-25 16:44 | 水草の害虫・病気 | Comments(0)
きたきた〜
前から気にはなっていたんだけど、いろいろあって見て見ぬふりをしてたのに、ちょっとした時間に重い腰をあげてケースを取り出してラップをあけたら、どう見ても虫の仕業にしか見えない黄色い葉が多数目に飛び込んできたものだから、もうバッサバッサと切り落としてやろうかと一枚カットしたところで、一応念のため虫の種類を特定しとこうと、よくよく見ると細長くて羽根のあるやつがウゴウゴと楽しそうに青春してたので、あわてて封印してこれは楽しいと思い、すぐさま写真撮影して、一体いつ忍び込んだのか、いろいろ思い出すも記憶が定かでなく、他のケースに侵入してる形跡もないことから、このまま水攻めにしてやろうと、ぽたりぽたりと暢気にROを貯めているのが近況です。
f0036072_20175057.jpg
f0036072_20175972.jpg

[PR]
by mask_inu | 2010-05-11 20:18 | 水草の害虫・病気 | Comments(3)
Hレベル高すぎ・・・
indoor green styleって雑誌を見ていたら、こんな記事がありました。

「植物の性質を理解する」
元工場だった場所を住まい兼オフィスとして友人らとシェアしているこの家の主は、生態系に基づいた独特の手入れ方法で植物を管理しています。例えは、毎年専門店でテントウムシの幼虫を買い、それらを育でてアブラムシを退治したり、クモの一種が大繁殖してしまったときは、やはり専門店で衣魚(シミ)を購入して退治したこともあったそうです。人間と植物とが良いリレーションシップを築くためには、植物に敬意を払うこと、それは植物にとって自然界に近い環境にすることなのだと、彼は考えています。

f0036072_19453166.jpgクスリを使えない水草には、究極これですね。

でもそれより気になったのは、衣魚を売ってる専門店って一体・・・??
[PR]
by mask_inu | 2008-05-29 19:46 | 水草の害虫・病気 | Comments(2)
プレパンデミックなのか!?
f0036072_2040737.jpg
ビオのウルグアイエンシスに謎の虫害!
f0036072_20411458.jpg
アザミウマだとすれば、クリプトケースから2.5メートルまで到達したことになる。
危険すぎて近づけない・・・
(注)枯れ葉は去年の葉
[PR]
by mask_inu | 2008-05-27 20:48 | 水草の害虫・病気 | Comments(9)
ハダニ対策
ハダニ科ハダニ類 英名:Spider Mite
f0036072_2138220.jpg
〈特徴〉
クモの仲間で8本の足。体色が赤系のものと緑系のものがいるそうです。
大きさは0.2mm〜0.5m。動きが遅いのでよくよく見ないと気づきません。
放っておくとクモの巣のようなものをはります。部屋のトネリコの木がクモの巣だらけだったのはハダニだったわけです。

〈被害〉
葉に寄生すると葉緑粒が吸収されて白っぽい「カスリ状」になります。
最初は原因がわからず、肥料障害かと思っていました。
被害にあった葉は溶けはしませんが徐々に衰弱していきます。
f0036072_21382993.jpg

〈生態〉
卵から成虫までの発育期間は12日〜17日で、高温乾燥で繁殖が旺盛になるとのこと。
低湿度のケースだったので容易に繁殖しました。

〈天敵〉
カブリダニ、アザミウマ・・・(--;)

〈防除〉
水に弱いので定期的に散水。
殺ダニ剤を使う時は薬剤抵抗性が発達しやすいので、同一系統薬剤の連用を避ける必要がある、だそうです。


以上を踏まえて対策をねりました。

・クリプトが溶けるかもしれないのでクスリは使わない。
・“水没作戦”はミズゴケの鉢もあるし、めんどくさいのでしない。

そんなわけで“霧吹き作戦”でいくことに。

一応、ほんとに水が苦手なのか調べてみました。
ハダニをだ捕して水滴を落とします。
水にひっついてモガいております。
f0036072_2139617.jpg


しばらくして水が蒸発すると・・・
元気に駆け出します・・・
ハダニが疲れ果てて絶命するまで、霧吹きし続けろということのようです。
その前にわたしが疲れ果てて絶命します・・・
f0036072_2139466.jpg


指ですり潰すことにしました。
簡単です。
念のため霧吹きで嫌がらせして完了。
毎日続けているとほとんど見なくなりました。
f0036072_21401024.jpg

[PR]
by mask_inu | 2008-02-29 22:00 | 水草の害虫・病気 | Comments(6)
襲来 Insect Attack(4)
(注)ここは虫ブログではありません!

敵と戦うには、まず相手をよく知らねばなりません。
というわけで秘密兵器をこさえました(笑)
ミクロの世界を捉えます。
といっても金はありませんから、会社のカメラや家にあったものを寄せ集めてつくりました。
カメラ好きの方には笑って頂けると思います(笑)

構成は先っちょから、保護フィルター → NIKON BR-3リング → NIKON 24mm逆付け → NIKON BR-2リバースアダプタ → TELEPLUS ×2 → テレコンバーター → NIKON BR-3リング → NIKON BR-2aリバースアダプタ → NIKON D70

これでマクロレンズ単体の8倍強の拡大率になりました!!
f0036072_1152216.jpg


で、にっくきハダニです。
f0036072_1161533.jpg
レンズがめちゃめちゃ暗いうえに、8本の足で走り回るのでたいへんでした(笑)

f0036072_1165763.jpg
被写界深度が0.1mmくらいしかないので全身にピンが合いませんが、実は毛がはえています。
[PR]
by mask_inu | 2008-02-19 01:27 | 水草の害虫・病気 | Comments(7)
襲来 Insect Attack(3)
f0036072_22244080.jpg
TARGET No.3 拿捕
SIZE - 約0.5mm

f0036072_2225363.jpg
ついに捉えた。
[PR]
by mask_inu | 2008-02-17 22:27 | 水草の害虫・病気 | Comments(12)
襲来 Insect Attack(2)
f0036072_15272095.jpg
TARGET No.2 捕捉
SIZE - 約0.8mm
見るからにヤバい

f0036072_15293149.jpg
TARGET No.1 捕捉
SIZE - 約0.2mm
足 - 8本
ハダニだ・・・
f0036072_15304227.jpg
なにげに牧歌的だ・・・(笑)
[PR]
by mask_inu | 2008-02-16 15:32 | 水草の害虫・病気 | Comments(6)
襲来 Insect Attack(1)
f0036072_2258129.jpg


f0036072_22581330.jpg

[PR]
by mask_inu | 2008-02-15 23:08 | 水草の害虫・病気 | Comments(2)
ヤバい・・・
来てしまった・・・
[PR]
by mask_inu | 2008-02-14 00:10 | 水草の害虫・病気 | Comments(2)