カテゴリ:クリプトの実験( 12 )
耐低湿度テスト(1)
夏に向けて予備テストしています。
どこまで低湿度に耐えられるか。

犠牲になっていただくのは、
強靭種代表…スピラリス
薄葉代表…アフィニス
クリプトといえば…コルダータ

まずは密閉からスタート。
湿度はちゃんと100%近くを示しています。
f0036072_2125941.jpg


照明はなしです。温度が上がるといろいろ問題ありますので。
f0036072_2132755.jpg

[PR]
by mask_inu | 2008-04-01 21:05 | クリプトの実験 | Comments(4)
クリプトコリネの実験〜腰水の肥料濃度(11)
開花したので14ヶ月にわたった実験はここで終了。
根詰まりが酷くて水も通らない状態なのでこれ以上続けるのもどうかと思うし。
結果は見る人が見ればわかると思うのであまり書かないでおこう。
書きすぎることで草の価値が下がってしまうのも嫌だし。

3と4は5号平鉢に植え替え、1と2は次の実験の被験者となっていただこう。
f0036072_22104836.jpg
f0036072_22105739.jpg

[PR]
by mask_inu | 2007-12-16 22:11 | クリプトの実験 | Comments(4)
クリプトコリネの実験〜腰水の肥料濃度(10)
1ヶ月とびました。
10ヶ月経過のCryptocoryne zonata from lunduです。
3の株と4の株に随分差が出てきました。
3はモリモリしてますが、4は生長速度が落ちてますし葉も寝そべっています。
この状態が何を意味するのかよくわかりません。
4の株は用土の状態が悪いようにも見えます。カビが原因でソイルが変質してるのでしょうか??植え換えた方がいいのだろうか?
それとも4の株は開花ステージに入って生長の仕方が変わったとか?

去年に比べると経験も知識も増えて、少しはうまく育てられるようになりましたが、まだまだです。勉強不足だし、努力も熱意も足りません。
もっと輝くように生き生きとした姿に育てたいんです・・・
f0036072_19342248.jpg
f0036072_19343049.jpg

[PR]
by mask_inu | 2007-08-17 19:36 | クリプトの実験 | Comments(2)
クリプトコリネの実験〜腰水の肥料濃度(9)
さて、気を取り直して8ヶ月経過のCryptocoryne zonata from lunduです。
2番の株がkeikeiさんに嫁入りしたので、かわりに腐葉土95%の株に入ってもらうことにしました。
最近気付いたのですが4番の株の葉柄や葉の縁が少し赤くなっています。肥料にユートピア使ってる株ですね。なんか微量元素が効いてるんでしょうか??
f0036072_20361485.jpg
f0036072_20362514.jpg

            
この実験もいい加減飽きてきたので少し条件をかえることにしました。

1の株は、おこしを溶かした液肥を使って腰水の肥料を700μSに。
2の株は腐葉土95%の用土で、腰水に3と同じハイポネックス洋ラン用を500μS
3はそのまま。
4はマグァンプを埋め込みます。


ところで栽培種リストで安直に“もさもさ”という表現を用いましたが、この世界の“つぅ”を納得させる“もさもさ”レベルは相当高いように思われます。
このLunduは自分的には十分“もさもさ”でありますが、“つぅ”に言わせると
「まあまあなんじゃない(ー。ー)ププッ」ってとこでしょうか。

ということはレベル分けも5段階ぐらい必要で、「ぼちぼち<まあまあ<そこそこ<なかなか<もさもさ」などと表現するのが適切だと思われます。

これに合わせて栽培種リストも5段階にするのがベストですが、もちろんそんな面倒なことはしたくないので、公開する写真を見て「へぇ〜、そこそこきてるね〜」とか「ふ〜ん、なかなかじゃないの〜」ってな具合に品定めされるのがよいかと思います。
[PR]
by mask_inu | 2007-06-27 20:38 | クリプトの実験 | Comments(4)
クリプトコリネの実験〜腰水の肥料濃度(8)
7ヶ月経過のCryptocoryne zonata from lundu
今更ですが、この実験の大きなミスは腰水に水苔を入れたこと。
水苔にも養分が多く含まれているでしょうし、生長を促す物質も含まれているように思います。
生長に差が現れていますから実験は無意味でなかったと思いますが、条件が複雑になると液肥の効果を判断しにくくなります。
本当に液肥の効果を比較するのなら水耕栽培でしょうが、めんどくさいのでやりません。
f0036072_23172329.jpg
f0036072_23174028.jpg

[PR]
by mask_inu | 2007-05-17 23:42 | クリプトの実験 | Comments(6)
クリプトコリネの実験〜腰水の肥料濃度(7)
6ヶ月経過のCryptocoryne zonata from lundu
f0036072_20423862.jpg
f0036072_20424928.jpg

春ですね〜
急に生長速度が上がりました。
実験やめて大鉢化したくなりますが、咲くまでは我慢です。

左上の鉢は、この実験をスタートしたときに水苔にくるんでビン詰めしておいたランナーから出た株です(クリプトの実験〜腰水の肥料濃度1)。
腐葉土9.5長繊維ピート0.5で植えてみました。
[PR]
by mask_inu | 2007-04-19 20:51 | クリプトの実験 | Comments(2)
クリプトの実験〜腰水の肥料濃度(6)
5ヶ月経過のC.zonata from lundu
f0036072_214159100.jpg
f0036072_214296.jpg
上から見ると肥料濃度の高いが一番大きく育っているのがよくわかります。
生長速度の差はあまり感じません。
肥料の異なるは微妙に違うように見えますがどうでしょう?
チッソの多いハイポネックス観葉植物用を使えばどうなるか試してみたくなりました。

それにしても綺麗に育てるって難しいですね・・・
[PR]
by mask_inu | 2007-03-15 22:02 | クリプトの実験 | Comments(0)
クリプトの実験〜腰水の肥料濃度(5)
4ヶ月経過のC.zonata from lundu
先月少し調子を落としてしまい、3の新葉が溶け落ち、4の葉に小さい穴が空いてしまいました。
ランナーを出し始めたってこともあるのでしょう。念のため少しだけ光量を落として無事復活。
ラップの上に短冊状の紙切れを並べてスリットをつくり光量を微調整。
葉の立ち方が変化するのがおもしろいです。

白い綿状のカビが増えるので困っています。
10日に一度はピンセットでつまみ出すのですがキリがありません。
人から見ると「カビだらけなのに何故かよく育つ」ですが、クリプトから見ると「カビが生えるくらいステキな環境」なのかもしれませんし、「カビが生えるから元気!」も無きにしも非ず!?

左上の鉢は、噂の検証のためにトビムシくんの登場を期待して置いたものですが寒いせいか出てきてくれません。
f0036072_20405870.jpg

[PR]
by mask_inu | 2007-02-27 20:41 | クリプトの実験 | Comments(4)
クリプトの実験〜腰水の肥料濃度(4)
3ヶ月経過のC.zonata from lundu
順調に葉を増やしています。肥料濃度が高いほど葉柄が伸びる感じです。
葉が寝そべっているのは、照明が強いからでしょうか。キューブ水槽の調子が上がらないのはここにヒントがあるような気がします。
葉の質感も水草屋さんにいた頃とはずいぶん変わってきました。が大きくなれば、照明が効いているのか肥料の効果かわかるでしょう。

パネルヒーターをつけてからは、カードケースの腰水が一週間で減るようになりました。の腰水もかなりのスピード減ってますから葉の蒸散より加熱による蒸発のほうが多いのでしょう。
蒸発した水分はガラス面で結露してカードケースのまわりにたまっていきます。
水槽はラップで密閉しているので湿度は高いはずですが、それでも激しく蒸発しているようです。

ということは、昨年C.zonata from lunduを導入したときの失敗は、腰水少なめの環境でパネルヒーターの温度設定を高めにしたことで、鉢内が乾燥したことが原因かもしれません。
f0036072_15502216.jpg

[PR]
by mask_inu | 2007-01-20 15:53 | クリプトの実験 | Comments(0)
クリプトの実験〜腰水の肥料濃度(3)
約2ヵ月経過のC.zonata from lundu
前回悩まされた原因不明のph上昇は、とりあえず水苔で抑え込みました。
その甲斐あってか順調に生長しています。
調子を落としたの株も新芽がでてきました。
ph上昇の原因はいまだにわかりませんが、ph緩衝作用というのも考えられるかもしれません。

で、今月も新たな問題発生。
・カビが増えてきました。最近買ったアマゾニアはカビがはえやすいようです。

・水槽の下にパネルヒーターを設置してからカードケースの腰水の減りが早くなり、肥料濃度を一定に保つのが難しくなってきました。ちゃんと実験できてるのでしょうか…
f0036072_14111.jpg

[PR]
by mask_inu | 2006-12-10 01:07 | クリプトの実験 | Comments(0)